リデン 使い方

リデンの効果的な使用方法|この使い方で半年間使えばきっと効く!

更新日:

REDEN

 

リデンはミノキシジル成分を配合している医薬品育毛剤と比較すると効果は劣りますが、医薬品を除く育毛剤の中ではかなり効果が期待できる育毛剤だと思います。

 

しかし、リデンを正しく使用できている人は意外に少ないんですよね。

 

というか、そもそもリデンを使っても絶対に効果が期待できない人やリデンを正しい使用方法で使えていない人がいるから、『リデンは効果ない』『リデンは効かない』というような口コミがかなり多いのだと思います。

 

そもそも、リデンは医薬部外品育毛剤なのでそこまで効果が高い成分は配合されていないので、薄毛がかなり進行している場合にはほとんど効果はないんですよね。

 

あと、正しい使い方でリデンを使用していない場合にも効果は期待できないのは、他の育毛剤についても同じです。

 

なので、この記事では実際にリデンを使用して、育毛効果をある程度実感することが出来た私がリデンの効果を最大限に発揮するリデンの正しい使い方について紹介したいと思います。

 

恐らく、これまでリデンを使って効いたけどなかなか育毛効果を実感することが出来なかった人も、今回紹介する使い方で半年間リデンを使用するときっと効果が実感できるはずです。

 

では、以下ではリデンの正しい使い方について紹介していきますね。

リデンを正しい使い方で使わなければ効果がないのは当然!

警告

 

リデンの口コミを色々とチェックしていると、『リデンは効果がない!』『リデンは効かない!』というような口コミをしている人も結構多いです。

 

もちろん、その全ての人のそうだとは限りませんが、そのほとんどの人はリデンを正しく使えていない為にリデンの効果を実感することが出来ないのだと思います。

 

例えば、風邪をひいてしまった時に、お医者さんで風邪によく効く薬を処方してもらっても、用法や容量を正しく守って服用しなければ、なかなか風邪が治らず長引きますよね?

 

この場合は、大半の人は風邪薬が効かないのではなく、『用法・容量を正しく守って服用しなかったから治りが遅いんだ!』って思うはずです。

 

でも、育毛剤になると話は別で、育毛剤を使用して効果がなければ『この育毛剤は効かない!』となってしまうのはおかしな話です。

 

つまり、育毛剤も風邪薬の例と同じで、どれだけ効果的な成分が配合されていても正しい使用方法で使わなければ、本来その育毛剤に期待できる効果を実感することは出来ません。

 

逆に言うと、今リデンを使っていて効果が実感できていないのは、リデンに効果がないからではなく、あなたの使用方法が悪いからの可能性もあるので、まずはご自身のリデンの使用方法が正しいか、以下で紹介するリデンの正しい使い方を参考にしながらチェックしてみてください。

リデンの効果的な正しい使い方

REDEN10

 

それでは実際に私がリデンを使用して育毛効果を実感することができた使い方を紹介していきたいと思います。

 

リデンの効果を実感する為には以下のような手順に沿って使用する必要があります。

リデンの正しい使い方

  1. シャンプー前にシャワーでしっかりと髪や頭皮を洗う
  2. シャンプーで髪の頭皮の汚れを落とす
  3. タオル&ドライヤーで髪と頭皮を乾かす
  4. リデンを頭皮の塗布する
  5. 頭皮マッサージを5分程度行う

シャンプー前にシャワーでしっかりと髪や頭皮を洗う

まず、リデンを使用する前には頭皮を清潔な状態で使用する必要があります。

 

となるとシャンプーもとても大切なのですが、実はシャンプー前にシャワーでしっかりと頭皮の汚れを洗い流す予洗いもしっかりしないとダメです。

 

予洗いというのはシャンプー前にシャワーだけで頭を洗うことを言うのですが、予洗いだけで頭皮の汚れへ8割ぐらいは落ちるといわれています。

 

この予洗いをしっかりとするだけで、その後のシャンプーの泡立ちも変わってきます。

シャンプーで髪の頭皮の汚れを落とす

予洗い後は、予洗いでも落ちなかった汚れをシャンプーで綺麗にしなければいけません。

 

特に、頭皮の毛穴に汚れがたまっていると、リデンを使ったとしても成分が頭皮に浸透しませんからね。

 

なので、出来るだけシャンプーもきめ細かな泡を作るように泡立てて頭皮や髪を洗う事で、細かい泡が毛穴の隅々まで汚れを洗い落としてくれます。

 

因みに、このきめ細かな泡を作るためには予洗いである程度、頭皮の汚れを洗い流しておかなければいけないので、シャンプー前の予洗いがとても大切なんです。

 

タオル&ドライヤーで髪と頭皮を乾かす

シャンプー後はタオルとドライヤーでしっかりと髪と頭皮を乾かします。

 

中には髪の毛を乾かさずに育毛剤を使用する人もいますが、これは育毛剤の効果を半減どころか一切効果がなくなる可能性があります。

 

その理由は以下の2つです

ココがダメ

  • 頭皮や髪の毛が濡れていると育毛成分が吸収されない
  • 育毛剤を使った後にドライヤーを使うと育毛成分が蒸発する

 

上記のような可能性があるので、リデンを使用する場合には、しっかりとタオルとドライヤーで髪の毛を乾かした後にリデンを使用してくださいね。

 

リデンを“頭皮”の塗布する

ココで最も大切なのが、リデンを“髪の毛”ではなく“頭皮”に塗布することです。

 

リデンはスプレータイプのノズルを採用している育毛剤なので、リデンを使用する人の多くは、リデンを何となく気になる部分にスプレーしています。

 

しかし、適当にスプレーしただけでは、頭皮ではなく髪の毛の育毛剤が塗布されている可能性があります。

 

これは、花に水をあげる際に花びらに水をあげているのと同じで、全く意味がありません。

 

花に水をあげるなら根っ子の部分に上げる必要があります。

 

そして、育毛剤も同じで髪の毛ではなく、根っ子の部分の頭皮に塗布することでしっかりと育毛成分が吸収して育毛促進を行ってくれます。

頭皮マッサージを5分程度行う

頭皮にリデンを吹きかけたら、最後は頭皮マッサージをして頭皮の血行を促進。

 

リデンには頭皮の血行を促進する成分が配合されていますが、成分の効果だけに頼っていてはいけません。

 

あと、育毛剤を使ったり使わなかったりする人も多いみたいだけど、基本的には育毛剤というのは毎日使わないと効果がないですからね!

 

これらの事を徹底的に意識しながら、大体6ヶ月ぐらい継続して使うと育毛効果を実感することができると思います。

 

そして、上記のような使い方で半年間継続してリデンを使っても全然効果が実感できない場合には、そのそもリデンで効果を実感することが出来ない人である可能性もあります。

リデンの正しい使用方法で使っても効果を実感できない人もいる

REDEN11

 

上記の使い方で6ヶ月間使って効果がなかったらリデンでは薄毛が改善しないって事だと思うから定期コースで購入している人は解約してもいいと思います。

 

なぜなら、リデンを使用して全ての人に育毛効果が実感できるというわけではないからです。

 

特に、リデンは医薬部外品育毛剤なので、かなり薄毛が進行してしまっている人が使用した場合には、正直言ってあまり効果が期待できない可能性が高いです。

 

また、その他にも、リデンは男性型脱毛症(AGA)に効果が期待できる育毛剤なので、男性型脱毛症ではない薄毛の人が使用したとしても育毛効果を実感することは出来ません。

 

なので、もしリデンを6カ月程度使用して、一切何の効果も実感できない場合にはリデンの使用を辞めて医薬品育毛剤かAGAクリニックで薄毛治療を行う事をおすすめします。

まとめ:リデンの効果的な使い方で6カ月間チャレンジ!

REDEN効果

 

この記事では実際に私が実践しているリデンの使い方を紹介しましたが、恐らくこの使い方で6カ月間リデンを使用して効果が出ない場合には、今後リデンを使い続けたとしても育毛効果を実感することは出来ないと思います。

 

そして、リデンを使用して効果が実感できなかったという事は、医薬部外品育毛剤ではもはや薄毛を改善することが出来ないぐらいに薄毛が進行しているか、男性型脱毛症ではない可能性が考えられます。

 

なので、現段階でリデンを使って効果を実感できていない人は、まずは6カ月間正しい使い方でチャレンジしてみてから判断してください。

人気No.1のリデンシル配合育毛剤『リデン』

スカルプローションREDEN(リデン)

あの人気ユーチューバーも愛用していると言われている人気No.1のリデンシル配合育毛剤『リデン』。今まで育毛剤で納得できる効果を実感することが出来なかったという人は試してみる価値のある育毛剤です。

永久返金保証付き 送料無料

-リデン 使い方
-, ,

Copyright© リデン/REDENの効果や口コミって本当?使ってわかった5つの事 , 2019 All Rights Reserved.